作業員

水を食い止めたいなら土のう袋を購入しよう

万能な道具

作業者

土嚢袋と聞いても一般の人は馴染みが無いかもしれないかもしれませんが、土木の工事現場には欠かせない物の一つです。特に、災害等で浸水を防いだりするのに、一時的な応急処置をする際は、とても便利で効果が高いです。もちろん、ホームセンターでなどで販売もしていているので一般家庭でも土嚢袋を買うことは簡単です。使い方も簡単で、要は麻袋みたいなものなので、中に土などを入れて袋を縛れば良いだけです。工事現場は現場発生土を利用するのが普通ですが、家庭の場合は住宅周辺の庭の土や砂利をいれても良いです。ただ、土や砂の方が空隙ができにくいので台風や水害で浸水を防ぐには、そのようなものを詰めるのが良いでしょう。いざという時のために持っておくと便利です。

土嚢袋の魅力は、スコパが非常に良い事と、誰でも簡単に使えることです。災害等の応急処置としてはコストがかからない割に非常に効果が高いです。使い方も、土などを入れて縛るだけなので、専門の資格のない作業員が土嚢袋作成に携わる場合も多いでしょう。また、土嚢袋は大きさも異なっていて、大きな道路工事用の現場で使う物は1m四方にもなるものもあるほどです。ただ、一般家庭では30cm程度の物をたくさん買っておいた方が使い勝手が良いでしょう。基本的には、中に詰めるのは土や砂なので形も自由自在に変えることが可能なのが、万能道具としての利点です。ホームセンターや土木器具を扱う店で、セール等の時にまとめて準備しておくと、いざと言う時に非常に役立ってくれるはずです。