作業員

水を食い止めたいなら土のう袋を購入しよう

様々な場面で活躍してます

土嚢

軽い土嚢

災害などに使用される土のうは土砂などを入れて作りますので、重量の問題が指摘されていました。しかし最近は、土砂の中詰め作業を省力化できる、土のうが開発されています。こちらの土のうは高吸水性ポリマーを使用しており、水をかけることで土のうとして機能するようになります。高吸水性ポリマーを使用した土のうは軽いので、持ち運びが簡単になります。そして使用した後は乾燥させることで、再び軽い状態に戻ります。そのため、繰り返し何回でも使用できるとメリットがあります。袋に土砂を詰め込む一般的な土のうと比べて、高吸水性ポリマーを使用した土のうの活用用途は大きいと言えます。このように持ち運びが容易な土嚢を利用できれば、災害などに素早く順応できます

水害時の応急対策として

大雨による水害などで利用されるのが土のうです。土のうとは、布袋の中に土砂を詰め込んで使用する土木資材を言います。このような土砂を詰め込んだ袋を積み上げることで、水や土砂の移動を防止できます。土嚢は前述のように水害時の応急対策など、土木工事全般に利用されることが多いです。その他には、爆発物処理、砲弾破片や銃弾を防止する遮蔽物などにも利用されます。土のう袋の使用方法はとても簡単で、専用の袋の中に土を入れるだけです。袋のサイズですが、基本サイズは48cm×62cmです。ガラ袋とは異なり袋の中に土を詰め込みますので、袋は結構な重量になります。土嚢袋の素材は、PE、ポリエチレンなどで作られています。しかし同じPEやポリエチレンでも、作り方やグレードによっては耐久性などが変わります。